【2020年版】BetterTouchToolのライセンスについて。BetterSnapToolの購入は不要!?

BetterTouchTool(BTT)のライセンス取得方法を調べていると、

  • BTT RemoteかBetterSnapToolを買うとBTTのライセンスもついてくる!
  • もしくはBTTへ寄付すると使えるようになる!
  • BTT Remoteを買うほうが安くてオススメ!

という記事で溢れています。

私もそれに乗っかってBTT Remoteを買おうとしたのですが、BTTのライセンス認証画面をよく読むとあまり得策ではないと感じたため、結局20ドルほど払って永久ライセンスを購入しました。

危うく使いもしないBTT Remoteを買うところでした。

この記事では、BTT Remoteを買うのをお勧めしない理由や、BTTのライセンスの種類を解説しているので、参考にしてみてください。

注意
この記事の情報は2020年6月時点のものとなります。ライセンス形態は日々変わっている可能性があるため、公式サイトやアプリ内のライセンス認証画面の情報も併せて確認してみてください。

BTT Remoteを買ってもBTTは2年しか使えない

結論出てしまいましたが、そういうことなんです。

BetterTouchToolのライセンス認証画面を見ると、ライセンスの種類として以下のように書かれています。

Available License Types(ライセンスの種類)
  • Standard License(標準ライセンス):2年間の無料アップデート権利
  • Lifetime License(永続ライセンス):BTTが開発終了するまでの永続アップデート権利

Complimentary BTT licenses for buyers of our other apps
(他のアプリ購入者向けの無料ライセンス)
  • BTT Remoteの購入者は、BTTの標準ライセンス権(2年)を持つ
  • BetterSnapToolの購入者は、1年間の無料ライセンス権を持つ
  • 有料化前に寄付してくれた人は永続ライセンス権を持つ

表にもまとめてみました。

種類説明金額
Standard License2年間使えるライセンス8.5 USD
Lifetime License永久に使えるライセンス20.5 USD
BTT Remoteのおまけ2年間使えるライセンス240円
BetterSnapToolのおまけ1年間使えるライセンス370円

確かにBTT Remoteを買うと安くライセンスを得ることができますが、それも2年だけ。

そのあとはまた8.5ドル払わないとアップデートを受けられません。

BTT RemoteやBetterSnapToolを使いたい!!という場合以外はあえて購入する必要性は少ないんじゃないかと思います。

かといって、標準ライセンスを買うのはどう考えても割高です。

このアプリは1度使うと抜けられなくなるタイプのアプリのため、絶対4年以上使うことになると思います。

私がこのアプリに出会ったのが2011年なので、もう9年になりますね。お金払うのケチって使えない期間が結構ありましたが・・・

ということを考えるとLifetime Licenseを買うのも別に悪い選択ではないと思います。

今後価格が変わって値上がりする可能性もありますしね。

私はあまりサブスク形式が好きじゃないため、買い切りのLifetime Licenseを買ってしまいました。

参考 Buy BetterTouchToolBetterTouchTool

いやいや、とはいえアプリ買った方が安上がりでは?

という考え方もあると思います。

BetterSnapToolやBTT Remoteを買ってライセンスをもらうのも良いですが、永久に使えるわけではなく、1年か2年後にまた支払いが必要になるということを頭に入れておきましょう。

アップデートできなくなってもすぐ使えなくなるわけではないけど、新機能が使えなかったり新しいOSのバージョンとの互換性が無くなったりと最終的には使えなくなる可能性が高いです。

まとめ

BetterTouchToolは素晴らしいツールで、多少お金を払っても使う価値は十分あると思います。

いきなり2000円近く払うのはちょっと・・・

という方向けに無料期間もあるので、満足のいく設定ができたタイミングで永久ライセンスを買うのがオススメです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です